第2回 【白いモダンハウスの作り方】壁 前編

「白いモダンハウスの作り方」第2回目になります。

今回は、骨ブロックで作られている「白い壁」を設置していきましょう。*骨ブロックがない場合は、白い羊毛で代用できます。

壁が一番複雑なため、前編、後編の2つの記事に分けることにしました。今回は前半になります。

1.大まかに全体の壁を作る

1-1:骨ブロックを2つずつ設置

正面の土台にある丸石の階段の上に、骨ブロックを2つずつ設置していきます。

向きは縦向きに統一したいので、上から丸石の階段にカーソルを合わせて設置していきます。

骨ブロックは向きをそろえよう

骨ブロックにも原木などと同じように向きがあります。模様がそろっていないと、不自然な壁になってしまうので、向きをそろえましょう。今回の家は、すべて縦向きに設置します。

1-2:土台に骨ブロックを設置

左側から右側にかけて、石ブロックの上に骨ブロックを設置していきます。

土台の石ブロックが2つ重なっている部分まで並べましょう。全部で29個の骨ブロックを使います。

1-3:中央にも骨ブロックを設置

中央にある土台の石ブロックの上にも、骨ブロックを設置します。縦に3ブロック並べましょう。

1-4:奥だけ2ブロック追加

先ほど設置した、3つの骨ブロックのうち、一番奥の骨ブロックの上に2つブロックを積んでいきます。

土台からの高さが3ブロックになるようにしましょう。

1-5:高さ8ブロックに伸ばす

上記でブロックを追加した壁以外の、すべての壁の高さを伸ばします。

元ある骨ブロックに、7ブロックずつ積んでいき、土台から高さ8ブロックになるまで伸ばしましょう。

2.2階の壁を作る

2-1:4マス空けて壁を作る

短い壁の1つ手前に、2階の壁を追加していきます。

下に4マスの空間を空けて(色付き羊毛は分かりやすいように仮置きしたもの)、その上に4ブロック積み上げます。

2-2:上に2ブロック追加

そのブロックの一番上に、2つブロックを並べます。

MEMO

骨ブロックは模様をそろえるため、必ず縦向きにしましょう。下に適当なブロックを置いてから設置します。

2-3:さらに2列壁を追加

その横に2列壁を設置していきます。縦は4ブロックです。こちらも骨ブロックの向きに注意しましょう。

2-4:正面と側面のすき間を繋げる

正面の壁と、側面の壁の間に1マス分空間ができてしまっているので、4ブロック追加してその間を繋げてください。

これで2階部分の壁は完成です。

3.屋根の形に沿って壁を作る

3-1:正面に1ブロックずつ追加

屋根との隙間ができないように、上に壁を追加していきましょう。正面の出っ張っている壁の内側に、それぞれ1ブロックずつ骨ブロックを設置します。

3-2:裏側の壁は階段状にする

裏側の壁は、下から10ブロック、8ブロック、6ブロックと、三段並べていきましょう。1段ごとに左右を1マスずつあけて、階段状にしてください。


以上で、「第2回 壁 前半」の説明を終わります。

次は、シラカバの木材を使って壁、そして窓も作っていきますよ。

 第3回 壁(後編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です