第4回 【白いモダンハウスの作り方】屋根編

「白いモダンハウスの作り方」第4回目になります。

今回は屋根のつくり方を紹介します。使うのは、石レンガの階段、石レンガのハーフブロックです。

壁編ですでに屋根のかたちに土台を作っておいたので、設置の場所は迷わないと思います。

屋根は向きがあったり曲がったりして、作るのがむずかしいものもありますが、この家の屋根は5つに分けて考えることでカンタンに作ることができます。

1.正面手前のやね

1-1:壁にそって3ブロック並べる

一番手前の屋根から作ります。

ベランダの方の壁にそって、3ブロック石レンガの階段を並べましょう。左側は壁より1ブロック分はみださせてください。

1-2:上に階段ブロックを並べる

段差になるよう、長さの違う3列を追加します。左側はそろえて設置します。

下の壁はすでに屋根の形になっているので、階段ブロックをおいていくだけです。1段目から、4・5・6ブロックの長さにします。

2.右側のやね

2-1:右側の壁に階段を並べる

壁にそって、階段を12ブロックならべます。両はじは1ブロックずつはみ出させましょう。

2-2:上に階段を3段並べる

なめらかな段差になるよう、上に3段階段ブロックを並べましょう。

こちらは右側をそろえて、左側は1マスずつ減らしていきます。1段目から11・10・9ブロックになります。

3.正面左のやね

先ほど作った「正面手前のやね」と「左側のやね」のあいだを階段ブロックでつなげましょう。

すべての段で4個ずつ階段を使います。

ポイント

階段ブロックをつける方向を向いて設置すると、違う方向を向いている階段ブロックは自動的に曲がってくれます。

下から見るとこんな感じです。

壁から1マス屋根がはみ出しています。曲がり角は綺麗につながっていますよね。

上から見るとこのような形になっています。

4.左側のやね

左側のやねは、同じ長さに4段ならべます。

1段14ブロックで、両はしを1ブロックずつ壁からはみ出させましょう。

5.やねの頂点

屋根の頂点にあたる部分は、下付きハーフブロックで作りましょう。空いた形にそってフタをするイメージです。

端は周りのブロックに合わせて、1マス分はみ出させます。正面も同じように周りに合わせましょう。

6.最後に仕上げ

最後に仕あげとして、正面の頂点のしたに「上付き」階段ブロックを1つおきます。

これにより、屋根の急なでっぱりによる違和感を少なくすることができます。

このような見た目になったら屋根の完成です!


以上で、「第4回 屋根編」の説明を終わります。

複雑なカタチのわりには、とてもカンタンだったと思います。

次回は、外装を完成させたいと思います。装飾することによってもっともっと素敵な家になっていきますよ。

 第5回 外装

2 Comments

リクオ

すみません 自分には、右のやね2が1ブロックずつ短くなっているように見えるのですが、自分の見方が悪いのでしょうか?

返信する
ぐっちょ

リクオさん
間違えてますね…。大変申し訳ございません。1段目から1個ずつ「伸ばす」ではなく「減らす」でした。画像と文章を修正させていただきました。ご指摘ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です